さくらんぼcafe

アクセスカウンタ

zoom RSS 3月11日の地震について

<<   作成日時 : 2011/03/18 12:37   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

今回の地震について、私自身、書き留めておきたいので。


この日は仕事で事務所に1人でいました。

事務所の他の人は、10日本社会議→11日社員旅行だった為、県外(関西方面)にいました。
パートの事務員さんみんなも社員旅行に連れて行ってもらえるということでしたが、
旅行先が京都観光or滋賀でゴルフの2択で、私の住んでいるところから日帰りで行くのは無理だし、
子供たちを残して泊まりも母がいい顔しないので、旅行は断り、普通に出勤しておりました。

午後から、本社へ送る荷物を梱包したり、事務所に置いてある在庫部品の数をチェックしたりしていました。
そして、パソコンの前に座り、部品の在庫数を表にまとめていた時に地震が起こりました。

けっこう強い揺れではありましたが、2日前の9日にも地震があって(震度4だったかな?)、
その時はすぐに揺れがおさまったので、今回もそうだろうと思い、そのままパソコンの前に座っていました。

が、揺れがおさまる様子はなく、だんだん大きくなっているように感じました。
窓の外を見ると、走っている車はなく、みんな路肩に寄せて駐車し、揺れが止まるのを待っているようでした。
信号機も大きく揺れていました。

その内に、パソコンのモニターが倒れ、揺れによって閉まっていた書棚やロッカーの扉が開いてしまい、
中のファイルやら本やら食器やらが飛び出してきたり、壁掛け時計や壁にかけていた額が落ちてきて、
ガッシャーン!と大きな音を立てて割れたり、ロッカーの上に置いていた段ボール箱が落ちてきたりしました。
その上、窓ガラスが大きくガタガタ音を立て出したので、割れるんじゃないかと思い、
プリンターやパソコンが机から半分はみ出して落ちそうになっているのを手で押さえながら、
机の下にもぐりました。

それでも揺れはおさまりません。
それどころかさらに強くなってきます。
体がブルブル震え出し、もう動く事も声を出す事も出来ませんでした。
子供たちの顔が頭に浮かんで涙が浮かんできて、誰か助けて!って心の中で叫ぶことしかできませんでした。

地震の時は出口確保だって言うと思うのですが、パソコンの置いてある机から出入り口までには、
大きな書棚やパーテーションの前を通らなくてはならず、倒れてくるんじゃないかと思うと、
恐くてドアのところまで行くことができませんでした。
書棚からは物が落ちてきていましたしね。

どうにか揺れがおさまってからも、手足が震えて、しばらく動くことができませんでした。

何とか立ち上がり、外を見ると、信号は止まっていましたが、車は走っていました。
外に出ている人はいないようでしたが、とにかく事務所に1人でいる事が不安で、
携帯電話を持って外に出ました。
事務所の下のコンビニからも店員さんが出てきて、中を見ると、棚から物が飛び出し、
お酒の瓶やパックの飲み物が割れていて、とても酷い状態でした。
ビルの大家さんも来て(大家さんの家はビルの隣)、大家さんのお宅では、
食器やお酒がたくさん割れてしまったとおっしゃっていました。

外で上司や自宅に電話してみたものの全く繋がらず途方に暮れていたら、コンビニのオーナーさんが、
メールは送れたよと教えてくれたので、上司に今の状況とこれからの指示を伺うメールを送り、
母と相方の携帯に無事の確認のメールを送りました。

メールの返信を待つ間、事務所の様子を見に戻ったりしたのですが、大きな余震が何度もきて、
恐くて恐くてその度に外に飛び出しました。

そうこうしている内に、相方と母からは無事だとメールが来て、ひとまず安心。
上司からの返信はなかなか来なかったので、1人で事務所にいるのが不安な事、
保育園の子供たちと自宅が心配なので、一度帰らせてほしいということを再度メールし、
事務所に戻って、電気のコンセントから線を抜いたり、これ以上物が落ちないよう、
書棚やロッカーが開かないようガムテープを貼ったり、落ちてない額を外したりしました。
そうしている間に、上司から今日は帰っていいとメールの返信があったので、
帰る準備をして、一応大家さんに事務所を空けることを伝え、保育園に向かいました。

保育園で無事に子供たち会う事ができ、連れて帰ることができました。
子供たちを守ってくれた保育士さんたちに、ほんとに感謝です。

幸い我が家は家電や家具が倒れる事もなく(母が必死で去年買ったばかりのテレビを押さえたそうですが)、
高いところに置いてあった軽いものが落ちた程度の被害で済みました。
築100年超のオンボロ家ですが、太い柱のおかげでしょうか。
前から閉まりにくかったお風呂のドアがもっと閉まりにくくなったり、多少の不具合は出ていますが。

日曜の夜まで停電してはいましたが、我が家は幸い水は出るし、ガスも大丈夫だったし、
石油ストーブもあったので、家のなかで暖をとり、食事も作ることができました。
ただ、停電中はテレビを見ることができなかったので、情報源はラジオのみ。
沿岸の被害の酷さをラジオで聞いて、沿岸に住んでいる親戚や友人たちの安否が心配になりましたが、
いまいちピンときていなくて、電気がきてテレビで被害の惨状を目にした時はとてもショックでした。

私の住んでいる地域は被害が少なく、電気も復旧した今、温かいご飯が食べられるし、
お風呂にも入れるし、暖かいお布団で眠ることもできます。
被害の大きい沿岸地区の方や避難所で過ごされている方の事を思うと、とても心苦しく、
そして、普通の生活を送ることができるということがどれだけ幸せなのかということを強く感じます。

普通の生活に戻りつつある我が家ですが、ガソリンが手に入らず、通勤が困難な状況で、
私は昨日から自宅待機になっています。
保育園もお休み。
スーパーやコンビニには物がまだまだ少ない状況です。
まだまだ不安な毎日が続きそうな感じではありますが、命があることに本当に感謝です。

前の記事にコメントくださった皆さん、ありがとうございます。
暖かいお言葉に、本当に励まされております。
気持玉もたくさんいただいて、嬉しく思っています。

ですが、皆さんは普通の生活に戻ってほしいと思っています。
上手く言えないのですが、被害のなかった地域の方が普通の生活を送っていただく事が、
被災者の助けになるんだと思うんです。
もちろん、被災者のことを心に留めていただけるのは、とても嬉しいのです。
募金をしていただいたり、節電に協力していただいたり、とてもとても感謝しております。
でも被災地のことを考え過ぎて、普段の生活が送れないほど落ち込んだり、
不安に駆られて買い溜めに走ったり、そういうのは何か違うなって思うのです。
なので、どうか普段通りに過ごしてください。
よろしくお願いします。

しばらくは今回の地震についての記事が続くことになりそうなので、
読むと気分が落ち込むかも…って方は、スルーしていただいて全然構いませんので。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
またまたまとまりのない記事になっていますが、ゴメンなさい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
さくママさん、ご無事で何よりです。

私も無事でしたが、同じ県の方たちのことを思うと辛いです(涙)

本当に命ある事に感謝です。生きてる、って事こんなに強く感じることなかったと思います。

いまだ電気だけの生活。
普通にライフラインが使えることのありがたさ痛感してます。

みんなで協力して乗り越えて1日も早い復興を願うばかりです。
こあら
2011/03/18 16:25
記事のアップ待ってます
テラサ
2011/03/20 13:08
さくママさん、事務所にお一人だったなんてさぞ怖かったでしょうね(><)
地震大国日本に住んでいる以上他人事とは思えずテンションも下がりっぱなしな最近ですが、我々は普通の生活を送ることが一番なんですね!
当たり前の生活が出来ることに感謝しつつ、いつもの生活をしていきたいと思います。
体験した人がどんな行動をして何を思ったのか、今後すごく参考になると思うので地震の記事ぜひ読ませてもらいます。
R35
2011/03/20 18:06
★こあらさん★
こあらさんも無事でよかった!
本当に命があることに感謝です。
そちらは電気以外のライフラインがまだ回復されていないんですね。
こちらは数日停電したのみで、水道とガスは大丈夫でした。
市内ではまだ断水しているところがあるようですが。
数日停電しただけでしたが、電気のありがたみを感じました。
普通に生活できることが、どれだけ幸せなことか!
1日も早く、被災地が復興できるよう、
私も自分にできることを頑張ろうと思います。

★テラサさん★
地震のことも書いていこうと思いますが、
それ以外の記事も少しずつ書こうと思っています。
読んでいただけると嬉しいです。

★R35さん★
地震、本当に恐かったです。
私は地震大国の日本に住んでいるという自覚がなく、
どこか他人事のように思っていたんだと思います。
私の行動は参考にならないかもしれませんが、
読んでいただけると嬉しいです。
さくママ
2011/03/24 16:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
3月11日の地震について さくらんぼcafe/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる