さくらんぼcafe

アクセスカウンタ

zoom RSS 私ができること

<<   作成日時 : 2011/03/24 16:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

自分に何ができるのか、思い悩んでいた時に見つけたもう一つの記事。

阪神大震災で被災された経験を持つ西宮市議会議員の今村岳司さんのブログです。


 ●2011-03-13 あの恐怖と屈辱は、記憶よりさらに奥に刻みつけられてしまっている。
 ●2011-03-14 それでもなにかできることを。〜昨日の続編
 ●2011-03-21 被災地の知らない人たちからもメールが届くようになりました。


13日と14日の記事を読み、何かできないかって思い悩むよりも、
何もできないということを受け入れて、早く普通の生活に戻ろうと思えました。

いま、私たちができることは、「呼びかけに応えること」です。
「呼びかけたい」のであれば、「呼びかけに応えよう」と呼びかけるべきです。
政府、各自治体、身元のしっかりした組織や企業の呼びかけに、積極的に応えるべきです。


そして、この部分に激しく共感しました。

今はできるだけ現金を残しておきたい状況なので、なかなか募金しにくいのですが、
ポイントで募金できるところを探して募金しました。

Yahoo!
楽天
T-POINT
ローソン

私がポイント募金したのは今のところこれくらいですが、ポイントやマイルで募金できるところって、
まだまだたくさんあります。
ポイントやマイルで募金ができるところをまとめたブログパーツをトップページに貼りました。
もし、使う予定のないポイントをお持ちの方がいらっしゃいましたら、ご覧になってみてください。
よろしくお願いします。

 ※ポイント募金できるサイトをまとめたブログパーツはコチラで無料配布されています。


そして、21日の記事。

最澄は、「一隅を照らす、これ則ち国の宝なり」と言いました。

少なくとも、自衛官や消防士や発電所の技術者や機動隊は
文字どおりの命がけで、一隅を照らしています。
現地の被災地の自治体職員だって、多くは自分だって被災者なのに、
それぞれの持ち場で、一隅を照らしています。

被災地で一隅を照らしている彼らと同じくらいの輝きで、
自分はいま一隅を照らしているだろうか、
そう思うと、もっとできるはずだ、と思えるのです。

一瞬集中を切らせば、ちょっとでも諦めたら、何万人が死ぬかもしれない。
ちょっとした迷いが、逃げが、怖れが、何万人を殺すかも知れない。
あと一歩の踏ん張りが、あと少しの自己犠牲が、何万人を救うかも知れない。
そんなところで彼らは闘っています。
同じ日本人である彼らは、日本の期待を背負って闘っているのです。
そしてきっと、極限状態で研ぎ澄まされた彼らはそんなことを考える余裕すらなく、
目の前のことと本能的に闘っているんだろうと思います。


ほんとうにその通りだと思います。
現場で闘っているすべての人に感謝です。

どこかの掲示板で、自衛官の旦那さんが被災地に行ってらっしゃる方が書かれていたこと。
その方は被災地にいる旦那さんが心配で『大丈夫?無理しないでね』とメールを送ったそうです。
旦那さんからの返信メールには、『今無理しないでどうするんだ!自衛隊なめるなよ!』
というようなことが書かれていたそうです。
この旦那さん素敵過ぎです。
読んでいて胸が熱くなりました。

私の先輩で、沿岸の津波の被害にあった市の市職員の方がいらっしゃいます。
奥様もお子さんも家族みんな無事だったようですが、家はなくなってしまったそうです。
それでも他の職員の方達と一緒に、町の復興の為に忙しくされているそうです。

被災地の為に力を尽くしてくださっている方がたくさんいます。
私がへこんでいる訳にはいきませんよね!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
私ができること さくらんぼcafe/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる