さくらんぼcafe

アクセスカウンタ

zoom RSS ゴールデンウィーク2011 その@

<<   作成日時 : 2011/05/14 17:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

今年のゴールデンウィークは、大掃除でもしながらゆっくり過ごすつもりでした。

が、予定は狂いまくり
ちっとも落ち着かないゴールデンウィークになってしまいました

急に仕事を頼まれて、出勤することになってしまったり、
妹とその彼氏が1週間近く泊まっていったり…

出勤することになったのは、休みの前日、しかも帰る寸前
連休明けでいいって言われていた作業を帰りがけに『まだ終わってないの?』って上司に言われ、
『はぁ?連休明けでいいって言ったじゃん』と心の中で思いつつ、
『連休明けでいいとおっしゃっていたので、まだ終わってませんけど、必要でしたか?』
って聞いたら、『別に急ぎじゃないですけど、できれば…』だって
おいおいおい、どっちだよ〜
帰りがけ、しかもちょっと残業になってしまっていた時間に急に言われたもんだから、
保育園のお迎えを他に頼める状況ではなく、それ以上は残業できず、
『どうしても急ぎで必要なんでしたら、連休中少しなら出勤できますけど、どうしたらいいですか?』
って聞いたら、またもや『全然急ぎじゃないんですけど、できれば出勤してもらえたら…』だって
だから、どっちなんだよ〜
もう何なのか訳わからないので、出勤することにしたのでした
まぁ、お休み中ってことで、電話も鳴らないし、雑務を頼まれることもなかったので、
サクサク作業は進み、予定より早く終わったのでよかったですが。

それに加えて妹とその彼氏
もともと連休初めに彼氏のご両親と一緒に来るとは聞いていたのですが、
ご両親は観光がてらいらっしゃるとも聞いていたので、
てっきり妹達もご両親と一緒に回るんだとばかり思っていました。
だから、妹達が我が家に来るのは1日くらいで、泊まるとしてもせいぜい1泊程度だろうと思ってました。
が、それは間違いで、妹達とご両親は全くの別行動で、妹達は我が家を拠点にして、
あちこち観光に行くとの事でした。
それを知ったのは連休直前
もっと早く言ってくれよ…マジで勘弁してほしいって感じです。

妹は『うちらはうちらで勝手にやるから、全然気を遣わなくていいよ〜』
なんて暢気なこと言うのですが、私的には『そういうわけにいくか!!!』って感じです。
だって、妹だけならまだしも、会うのはまだ2回目の彼氏が1週間もいるんですよ…
昼間は観光に出かけるといえど、朝夕食は一緒だし、お風呂とかも気を遣うでしょう…
実際、気を遣いすぎて疲れました
子供たちと一緒に遊んでくれたりしたので、その点は嬉しかったし助かったし感謝してますが、
できれば長期で来る時はもっと早く教えてほしいです…
もっと早く知っていれば心構えできて、気分的に違ったと思うんですけどね。

でも本音を言えば、我が家にはお盆やお正月には毎年親戚が集まるので、
長期休みで家族だけでゆっくりできるのってゴールデンウィークだけなので、
できればゴールデンウィークに長期滞在は避けてほしいんですけどね
妹だけならまだいいんだけど、その旦那さんや彼氏も一緒だと…ツライです。
来てくれるのはとっても嬉しいし、基本的にはウェルカムなんだけど、
こっちのことをちょっと考えてくれると助かるのですが、身内だから甘えちゃってるのかな?


そうそう連休前半に、311の地震で津波の被害に遭った親戚が来ました。
私も会いたかったんだけど、出勤してた日で、私が出てる間に来て帰ってしまいました

家は完全に流されてしまい、今は内陸の娘さんのところに避難していらして、
そこから娘さん夫婦と一緒にいらっしゃりました。

私は直接話が聞けなかったので、ここからは話を聞いた両親からのまた聞きの内容です。

311の2日前の9日にも、けっこう大きな地震がありました。
私なんかは、311の地震の揺れ初めには、2日前の地震の余震かな〜?なんて、暢気に考えていました。
でも、親戚のおばさんは、2日前の地震の時、きっと近い内にもっと大きな地震がくるはず!
って思ったそうです
虫の知らせとでも言うんでしょうか?
なので、その9日の地震のすぐ後、貴重品や身の回りの物をリュックに詰め、
すぐに持ち出せるようにしておいたそうです。
311の地震の時には、まだ揺れている最中に、そのリュックを持って外に出て、
おじさんと一緒に高いところを目指して走ったそうです。
何て高い防災意識なんだろうと、話を聞いて驚きました。

おじさんとおばさんは津波から逃げることができ無事でしたが、
たくさんの知り合いの方が亡くなったそうです。
避難の途中で忘れ物を取りに行くとかで戻ってしまった方や、
車で逃げた方なんかが被害にあってしまったそうです。

しばらく娘さん夫婦とも連絡が取れず、しかもテレビで亡くなった方の名前だと、
おばさんの名前が流れたそうで、娘さん夫婦は、
一時は二人ともダメだったんだと諦めたそうです。
ご近所に同姓同名の方がいらして、亡くなったのはその方だったとの事ですが、
それがわかるまでとても辛かったそうです。

来月にも仮設住宅に入れるとのことで、入居できたら一度おいでと言われたそうです。
テレビで見るのと、実際の現場は全く違う、一度見ておいてほしいと。

このまま娘さんのところにいらっしゃるのかと思っていましたが、
おじさんが嫌がっているようです。
おばさんはとても社交的な方なので、どこに住んでも上手くやっていけそうな感じなのですが、
おじさんの方はそうではないので、年も年だし(お二人とも70歳過ぎ)、
新しい場所で、新しい人間関係を築いていく自信がないそうです。

テレビなんかを見ていると、いろんなところで被災者の受入れを表明してくださっていますが、
それを実際受けている方って少ないような気がします。
うちの親戚のような人が多いのかなぁって思います。

最近、テレビの報道も少なくなってきていて、復興が進んでいるようにも感じますが、
実際はまだまだで、長期に渡る支援が必要なんですよね…
再度考えさせられたゴールデンウィークでもありました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ゴールデンウィーク2011 その@ さくらんぼcafe/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる